競馬ゲームの思い出と歴史 Part1

競馬と私のつながりは結構長いものがあります。小学生の頃、父親がよく競馬の月刊誌を買って帰ってきました。子供心にその競馬誌の写真がすごく綺麗であり、競走馬に迫力があったことを覚えています。しかし、内容は独特の専門用語が多く、内容も難しかったことから、すぐに読まなくなってしまいました。 中学生になった頃、家庭用ゲーム機で競馬シミュレーションゲームが発売されました。友人の家に4人で集まってプレイしました。自分が馬主になって競走馬を育て、G1レース制覇を目指していくというものでした。どの馬を買えばいいのか全然わからず、またどうやって育てていけばいいのかも不明でしたので、試行錯誤しながら進めていきました。 それでもなんとか調教を進めていき、ついにレースに出走することになりました。出走するレースを決めたら、その日に併せて調整を行います。

雑貨 アンティーク

オーダーでスーツを購入。

永田町 薬局

本・DVDの買取なら

鍼灸 専門学校